ホーム☆店主日記☆
☆店主日記☆
☆店主日記☆:3273
2006年03月16日
 最近は暖かい日が続き、例年にない雪解けの早さで十勝の高校野球も外でノックを受けているのを目にする様になりました。
 いつもだと誘雪剤を巻いて三月末頃からグランドに出ている事を考えると二週間は違いますね。
 さて、今年から軟式ボールが二十年振りに変わり、より飛ぶボールとして注目を集めてますが、高校野球の硬式ボールは来年度、遅くとも再来年度より低反発ボールとして飛ばないボールに変わります。
 やはりホームランより繋ぐ野球を望んでいるのでしょうね!
2006年03月15日
本日決まりましたね。
参加校を見ると○○年振り○○回目の出場!というところもあり、歴史を感じますね。

実は、私も○年振り○回目のインフルエンザにかかってしまいました。先週水曜日にベースボールフェスティバルが終り、翌日の木曜日から急に体調が崩れ、日曜日まで39度を越える熱が出て、薬飲んだり、座薬入れたりして仕事には出ていました。
そのせいか昨日まで微熱が続き、喉、咳、鼻水と最悪でした。今日は六割方戻ってきたので、気持を締め直して、店長日記もさぼらず書こうと思います。

今年のシーズンのバロメーターとなる、先週のベースボールフェスティバルでしたが、やはり今年の動向がわかった一週間でした。

まず、軟式バットでは試打会を設けた所、断トツでSSKのナイスハンターが売れました。20本用意しましたが足りなくて予約殺到でした。次の入荷は六月になる様です。

グローブは、硬式では玉澤・ハタケヤマ・久保田が目立ちました。スパイクはSSK・玉澤・ハイゴールドが、ほとんど完売でした。

今年で四回目を迎えたベースボールフェスティバルですが、今までで最高の売り上げを記録しました。
大変ありがたい事です。今は、その戻ってきた商品を店に並べて売り場復活をしている毎日ですが、時期的に一番忙しい時期に突入したので、なかなか進まないのが現状です。

今日は午前中、社会人チーム六花亭さんの練習に出向きバットやグローブの納品、昼に鹿追役場さんの新規ユニフォーム打ち合わせ、夕方に音更消防さんの新規ユニフォーム打ち合わせ、夜には高校野球新一年生のサイズ合わせと予定が入っています。

合間を見てネット特別商品も掲載させていきます。
2006年03月06日

ベースボールフェスティバル開催の為、なかなか日記を書けませんでした。やっと月曜日の今日、少し落ち着きました。

やはり、SSKが今年発表した新球対応の軟式バット"ナイスハンター"が良く売れました。試打コーナーを設けて体験してもらいましたが、球をとらえた時の衝撃がいい!とか、鋭く強い打球で飛距離が伸びそう!とかの感想が多かったです。 
 
他には玉澤の革底スパイクやNIKEのスパイク、SSKのパナフィットのスパイクが良く出ていました。
 
グローブは久保田、ハタケヤマが根強く、他にはNIKE・SSK・玉澤・ハイゴールドが売れていました。
 
さて、帯広軟式野球連盟の高松事務局長が見えまして、社会人軟式の決定事項を教えてくれました。
 
社会人の場合はランク付けがされていて、A・B・Cとなっているのですが、AからBに、BからCに等、ランクを落とす場合は合計4名までしか下におりる事が出来なくなりました。

尚、四月現在で20代の投手は2人として、20代の野手は1.5人として計算されるので気をつけないと駄目ですね。

さて、ベースボールフェスティバルも残りわずかです。終了後には、ビックリ価格の野球用品をヒットさせますのでお見逃しなく!!

2006年02月26日


今日は夕方五時〜八時まで室内練習場にて行いました。

三月の受験を控えているので参加は18名でしたが、残り少ない練習に生徒は元気良くトレーニングをしました。

外はあいにくの雨ですが、早く雪溶けして一日も早いグランドでの練習を待ち望んでいる事でしょう。
2006年02月24日
これは今年高校を卒業して今春大学野球を始めるお客様です。
当、十勝ベースボールスクールの一期生で、最も運動能力のあった子です。
高校時代の最後の夏はエースとして、十勝地区予選の決勝で涙を飲みました。
その悔しさを大学野球で晴らして欲しいものです。
 
さて、このグラブは芸術品でした。良質な革を使い、手入れ感がしっとりとして、最高級の感触を味わえました。また、バック(手の甲)を王冠タイプというのも最近珍しいですね。税込・刺繍代込で、58.800円です。
 

2006年02月22日
今日たくさんのオーダースパイクが出来上がって入荷しました。
特に目を引いたのを一足紹介致します。社会人野球でキャッチャーをしているお客様です。
 
高校時代はmizuno、そして社会人野球では、まずASICS、そして去年までは玉澤のスパイクを履いていたとの事ですが、今回はSSKのオーダースパイクにした様です。
 
理由は二つあって、一つ目としてパナフィットと言う足型が日本人の足型によりピッタリして履いていて疲れない理由から。
もう一つは、ASICS・mizunoに比べて、オーダー価格が安いと言う事。
 
例えば、このスパイクはハイカットのベルト式で本体価格35.000円ですが、ASICSだと41.500円に匹敵します。 プラスオプションの縫いP代やネーム・番号の刺繍代を換算すると、おそらく8.000以上も金額の差が生じます。その様な理由から今回SSKに決めた様です。

2006年02月21日
最近ある中学校の軟式野球部の監督さんから問い合わせがありました。

投手の二段モーション禁止!と言うのはプロ野球だけの事ですか?と言う内容のものでした。

返答は、中学生も小学生も二段モーションは認められません!でした。それについては軟式野球連盟に確認を取っていたのです。
2006年02月18日

これは釧路の社会人チームのエースの方から注文が来たグローブです。とても綺麗なピンク色に出来上がったので載せてみました。 

最近オーダーグローブで多いのが、刺繍部分を影付きにするお客さんが増えています。 

久保田においてはラベルも13種類と豊富なのも特徴です。        ちなみにこちらの商品で税込定価29.190円です。

2006年02月16日


今、SSKの展示開場にて三月一日発売の新製品の軟式バット "ナイスハンター"の試打を体験してきました。


感想は一言で言うと、弾道が後一延びあるな!という事です。ゴルフをやっている人ならわかると思うのですが、ボールが後半落下しそうな所から、もう一延びするのです。


打球感もmizuno・ビヨンドMAXとは違いました。ボールをバットで捕えた!という感触が手に残ります。


大阪の展示会の試打会でも、かなり好評だった様で、生産対応が間に合わず、ファーストオーダーを出してない店は納期が六月以降になるとの事です。
2006年02月15日


今日は昼過ぎに店を出発して、車で札幌まで出張です。今年の秋・冬商品の展示会です。半年以上先の新製品の発表会です。

SSKを筆頭に野球以外では、プーマ・ヨネックス・モルテン等が開催されます。

今、日勝峠を走っているのを撮影したのですが、雪がちらつき曇り空です。

出発する時は久しぶりのプラスの気温で雪も溶けていたのですが、わずか3、40分走っただけで、こんなに天候が変わるのには驚きです。

およそ四時間の運転になりますが、どんな新製品が出るのか楽しみに行ってきます。
2006年02月14日
見事四位に入賞した及川選手は十勝池田高校出身で、今回は加藤・清水の影に隠れ、三番手の選手でしたが見事に活躍しましたね。

実は、お父さんとは野球仲間として二十年以上もライバルとして戦ってきました。

お父さんは既に五十歳くらいなのですが、現在もT・Tマンボウの監督兼選手として活躍します。

特に三年前の四十代後半の時に、キャッチャーとして出場した地元主催の大会では見事に優勝し、最優秀選手賞を獲得して、地元紙十勝毎日新聞のスポーツ欄では、"鉄人及川!" として見出しを飾りました。

そんなお父さんを二十年以上も見て来たので、今回の及川選手の四位入賞にも納得出来ました。
2006年02月13日
オリンピックが始まりましたが、スピードスケートの選手は、ここ十勝出身の選手が多いですね。特に白樺学園出身が目を引きますね。

実は、私が独立する前に勤務していた帯広のスポーツ店時代には、当時高校生だった清水宏保君を始め、多くの白樺スケート部が来店してました。

特に妹尾栄里子さんはシーズンオフにバイトに来ていたんですよ。

昨日の女子3000Mは残念でしたが、ついつい握り拳をして応援してしまいました。

とにかく100%の力が出る様テレパシーを送りたいですね。頑張れ十勝っ子!
2006年02月08日


今日は、物凄いものを載せてみました!!
ジャイアンツの仁志選手に送るユニフォームです。

・・・と言っても現在の巨人軍のユニフォームではありません。

仁志選手は常総学院から早稲田大学に行き、主将を努め後にジャイアンツにドラフト一位で入団したのは周知の通りだと思います。

その早稲田時代の同級生で結成したOBチームの仁志選手用ユニフォームなんです。

当、年中野球のお得意様の高校の部長さんが仁志選手と同級生で、今回ユニフォーム・帽子・ストッキングの注文が来たのです。

東京と言っても今は宮崎でキャンプ中でしょうが、発送する前にに記念撮影をしたって感じです。一応サインをお願いしたので楽しみです。



2006年02月06日


今日午後より、ワインの町・池田町の池田中学校に行ってきました。

池田中学校では、二年生を対象にした職場体験学習を数年前から実施しているとの事で、去年の十二月、将来スポーツ店の社長になりたい!と言う男子生徒が三日間、当、年中野球に体験学習に来たのです。

その発表会が本日行われると言う事で参観に行ってきました。
見事に体験発表をして、思わず大きな拍手をしてしまいました。高校生では、この企画は良くあるのですが、中学生は珍しいと思います。何事も百聞は一見にしかず!ですので池田中学校さんの取り組みは素晴らしい事だと思います。

さて、帰りに池田町でラーメンの旨い店"再来"で食べて!と寄りましたが定休日でした。残念!

余談ですが、ここはドリカムが帰省したら良く立ち寄るみたいで、店には色紙にサインが飾ってあります。
2006年02月06日

この時期は春物の新製品が上がってくるので、特に月曜日はメーカーからの荷物が大量に入荷します。

 今日も三十個以上入り、店頭用・客注用と振り分けにてんてこまいです。 その中にオーダーグローブが何個か入荷してきたのでお見せします。


これは中学一年生の子が、お年玉で作りたい!と言う事で注文を受けた玉澤の軟式オーダーグローブです。

内野手用でネーム刺繍入りにて、24.150円です。玉澤の特徴としては、皮質がしっかりしていて、少し肉厚感があり硬式っぽい芯のしっかりしたグローブなので、柔らかいのを求めない選手に適していると思います。


 

これは、玉澤軟式オーダーグローブで、社会人の方が注文しました。

外野手用のグラブを1cm長く作りました。カスタムオーダーと言って基本型を大きく・小さく・長く・短く出来、色を二色以上使用出来ます。刺繍代は一箇所分サービスなのも玉澤のメリットです。

価格はカスタムオーダーなので29.400円です。



これはユニフォーム・トップメーカー"レワード"とのライセンスにより作った硬式グローブです。

残念ながら、現在正規販売までには結びついていないので、今回は参考出品にさせて頂きました。

2006年02月04日
当、社会人軟式野球チーム"年中野球"の室内練習が土曜日夕方六時より始まりました。

外でボールを握れる四月末まで、ここスパーク帯広にて週一回程度、二〜三時間練習をします。
樽見監督の集合の合図で選手が集まり、関主将・坂本副主将が今年新調するグラコンのサンプルを手に説明し、舘内・田村・杉本・六日市の帯北OBが喜びの表情で聞き入ります。
そして、今年二年目の宮崎・横山も念願のグラコン新調に大喜びです。
今年は期待してるんで頑張って下さいね!!

追伸/去年から樽見監督に後任をまかせ、私は総監督と言う立場で陰より支える事としました。
実は、もう一つのチーム"ワークボーイズ"と言うのもありまして、こちらは池田監督が二代目を引き継いで頑張っています。詳しい話は今度にします。
2006年02月04日

プロ野球もキャンプインして、毎日テレビ・新聞と話題の選手が登場していますね。

私が特に目を引くのがORIXです。
清原選手・中村選手の加入で一気に明るいチームカラーのイメージですね。
やはり、彼等は影響力のある選手なんですね。それで、中村選手が最近登場する機会が多いので、私の宝箱から近鉄時代に久保田より限定販売された中村紀洋モデルを引っ張り出してきました。

当時久保田が限定で発売し、北海道には三個しか入らなかったのですが、全部買い占めて二個は販売したのですが、一個は宝箱に保管していました。

クラブ袋にはウ゛ァッフアローズの刺繍が入っていて、今や超レアな商品になりました。

他にも、2003年オールスターに選ばれた時、松井稼頭央選手と三遊間を組んだ時の久保田限定モデル等、今となってはお宝ですね。

結構お客さんから譲って欲しい!なんて言われますけど、それはちょっと・・・^^;って感じです。

2006年02月03日


今日は、こより12月に注文を受けた久保田スラッガーの軟式オーダーグローブが上がってきたので、帯広市内の中学生の家に納品です。

久保田で赤いグローブを作って欲しいと頼まれて、今回の話になりました。名前も刺繍で入れて格好良く出来上がりました。きっと喜んでくれるでしょう。

しかし、今の中学生は幸せだな〜。。。
2006年02月02日
二月一日にプロ野球もキャンプインしましたね!高校野球の選抜決定に続き、日に日にシーズンが近付いていますね。
さて、北海道日本ハムファイターズの新庄選手がフランクリンの赤い手袋を使用してましたね!新庄選手自身が今年最後かもしれないので、最後くらい好きなブランドを使用したい!と言う事でメジャー帰りの新庄選手的にフランクリンの手袋を指名したんでしょうね。
三日・土曜日にフランクリンを納めた輸入元の(株)イモトさんが来社するので詳しい事を聞いてみます。
2006年02月01日
昨日32校が決定しましたが、今年は何かと話題の多い選抜大会になりそうですね。
駒大苫小牧の夏春連覇の期待や、人気有名校の横浜・東海大相模・PL学園・智弁和歌山の出場、そして早稲田実業の復活と今から楽しみです。
地元北海道では神宮枠として旭川実業が選ばれましたが、ベースボールスクールで一緒に指導をしている小森さんの長男が二年生で出場しますね。小森さん自身も東海大四高時代に西本投手(元・西武)とバッテリーを組んで甲子園に出場しているので、今回で親子二代に渡っては凄い事ですね。

旭川実業は去年の秋、札幌円山球場にて行われた新人戦で駒大苫小牧と準決勝で接戦の末4ー5で惜敗しました。ヒット数は駒大を上回る程の破壊力と鍛えられた守備力のある好チームだと思います。札幌日大・小樽北照と言う甲子園に出た事のあるチームを破ってのベスト4、そして駒大との接戦!その辺も高く評価されたのだと思います。
逆に秋の新人戦で決勝まで上がりながら駒大に2ー15と惨敗した北海道栄は涙を飲みました。栄と駒大は同じ室蘭支部と言う事も少しハンディだったかな?と思います。
しかし、室蘭支部と言えば、駒大苫小牧・北海道栄・鵡川・室蘭大谷・苫小牧工業等、甲子園級のチームが多く、支部予選を勝ち抜くのも大変かと思います。

所で、残念だったのは釧路江南です。昨日、当帯広店の山本が釧路まで行ったのですが、朗報はなかった様です。釧路江南は秋の新人戦でベスト4となり、今回21世紀枠の候補校として、最後の9校まで残っていたのですが、駒大の他に神宮枠も北海道に来たので、同地区より三校と言うのは厳しかったのかな?と思います。

いづれにしても、三月二十三日から十二日間の予定で選抜大会が甲子園で繰り広げられます。また、夏の予選だって、あと四ヶ月くらいで始まります。三年生においてはアッと言う間の辛く、厳しく、しかし内容のある毎日だったかと思います。今回選ばれなかった約4500チームの皆さんも夏に向けて再スタートを切ってもらいたいです。練習は嘘をつかない・・・なんて、ちょっとキザになってしまいました。