ホーム☆店主日記☆
☆店主日記☆
☆店主日記☆:3595
«前のページ 1 ... | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | ... 180 次のページ»
2006年10月28日

秋も深まる今日この頃、皆さんは如何お過ごしでしょうか・・・?

一昨日ファイターズが日本一を決めたので、当然の事ながら今日・明日とゲームが無いので、ある意味寂しいというか、少し力が抜ける思いになっているのは私だけでしょうか・・・(-_-;このあとアジアシリーズや日米野球等があるのでしょうが、スター選手の相次ぐ辞退で魅力半減ですね。

さて、明日は【十勝ベースボールスクール】としての三つ巴戦となり、八月末からスタートしたスクール生がどんな試合展開を繰り広げるか楽しみです。晴れます様に(^_-)-☆
2006年10月27日


今日はインターンシップの最終日。午前中講義をして、午後より当【年中野球】の提携工場の刺繍屋さんの見学。

写真は八機頭ミシンで一挙に八個同時に刺繍可能な優れ物です。


二時に店に戻ると地元FM局の【FMウイング・76.1MHz】渡辺さん(写真)が待機していて、ラジオ生放送中からのリポートで、昨日の【ファイターズ優勝】のまとめ的な解説を求められて約十五分『あっぱれ!!』を絶叫しました。







さて、皆さんお待ちかねの【ファイターズ優勝記念セール】の商品を掲載しないとね(*^-^*)
2006年10月26日

今日は【インターンシップ】の受け入れ先として、池田中学校二年生の生徒さんとマンツーマンで『スポーツ店のしくみ』について講義をしました。受講したのは野球部のキャプテンで、「将来スポーツに関係する仕事をしたい!」との事で、今日・明日の二日間研修を行います。

 

 

さて、昨日は金村投手が涙の復活をあげましたね!!勝利インタビューでのヒルマン監督の抱擁は涙もんですね(-_-;  

これで日本一に王手をかけて今晩一挙に決めたい所でしょうが、ドラゴンズの本当の力はあんなもんじゃないですからね!油断出来ませんよ。

 

写真は、昨日応援観戦に行った「年中野球」樽見監督が送ってくれた画像です。

上の写真は中日の練習風景。

下の写真は全部ファイターズファンです。すごいですね!!  

2006年10月25日

今さっき、当【年中野球】キャッチャー坂本から【ヤクルトスワローズ】のサインボールとサイン入りグローブが届きました。日曜日に『帯広ヤクルト販売』が主催となり、少年野球教室を開催し、その時にサインをもらってきてくれました。 

岩村選手と言えば【愛媛・宇和島東高校】からヤクルトに入団し十年目になりますが、現済美高校上甲監督は当時の監督でしたよね。このオフにメジャー入りを表明して今は入札待ちの心境かと思います。私も【アンダーアーマー】の展示会に来場した時に見たのですが、背は余り高くないのですが、筋肉質で実際の身長より大きく見えたのは坂本も同じ感想でした。おそらく人並み以上の努力をして今を築いたのでしょうね。

それにしても今年のメジャー行きは岩村選手にとどまらず、西武松坂投手、阪神井川投手等、日本球界からどんどんスタープレイヤーが流失して寂しくなりますね!      さて【ファイターズ】ですが、昨日は私の予想の裏をかかれ、【新人武田投手】の先発でしたね。バレンタイン監督は気持に『ゆとり』がありますね。今日の為の布石として昨日の演出だと思います。昨日の結果に関係なく『今日は絶対勝ちたい!!』という気持があると思います。しかし、今日の先発金村投手ですが、謹慎期間等もあった事がどうでるか!このシリーズは序盤に動きがあり、共に先発投手の立ち上がりが重要ですね。お互い後ろのピッチャーが安定してるので、先発投手の頑張り所が見物だと思います。 

当【年中野球・樽見監督】が応援観戦に行ったので頑張って吠えてきて欲しいです。                       

※岩村選手サイン入りグローブをご希望の方は個別にお問い合わせ下さい。

2006年10月24日


只今の時刻夕方の4時を過ぎた所ですが、辺りは薄暗くすっかり秋を感じる今日この頃となりました。街路樹も葉を落とし、正に【秋真っ盛り】という形容が似合う季節となりましたね。



・・・・しかし、秋はここまでにして、まだまだ暑い夏を彷彿させる所があります。そうです【札幌ドーム】です。あと二時間でプレイボールとなる【日本シリーズ】第三戦は正に【常夏の島ハワイ】ばりの暑さと熱さでムンムンしている事と思います。当『ファイターズショップ』も駆け込みのお客さんが目立ちます。正直品薄になってしまい「ごめんなさい!」って感じです。

ファイターズは金村投手が先発ですよね!?きっとやってくれると思いますよ。そうなると札幌で胴上げ!!って事も十分ありますね。


実は私の行き着けの床屋さんのマスターがドラゴンズフアンなんですよ。名古屋で修行をした時にすっかりドラキチになって帰って来たそうです。ペナント中もドラゴンズが勝った日のスポーツニュースはテレビのチャンネルをあちこち回して勝利に浸るそうです。わかりますね!その気持。

さて、マスター今日はテレビ見れるかな!?

2006年10月23日

日曜日、午前九時から午後三時まで【ベースボールスクール】がありました。天気は良かったんですが、風が冷たくなりましたね。それでも子供達は週に一回の【野球】を楽しんでいる様子です。投手・内野・外野に分かれ黙々と練習をこなします。来週は『三つ巴戦』となるので楽しみにしている様です。八月末から今日までの約二ヶ月でどこまで出きるかが見物です。

今年は投手と捕手に非凡な選手がいるので、例年より締まった試合展開になると思います。あと、野手としてはまだまだですが、打者としては非凡な子も目立ちますね。しかも、『右投げ左打ち』が多いですね。ここ数年、半分近くいますね。きっとそういう世代のお父さんが【星  一徹】ばりに鍛え上げたのでしょうね!!

来週は更に寒くなるでしょうが、公式審判にウグイス嬢付きでの試合なので、気合い入れて頑張ります!!


2006年10月21日

今日の十勝は青空が広がり爽快な天気です。

さて、今日から日本シリーズが始まりますね。【日ハム】は25年振りなんですが、その時は【巨人】と戦ったんですよね。当時巨人のエース【江川投手】が日本一にリーチをかけたマウンドに立ち、高々と上がるピッチャーフライを江川投手がしっかりと取り日本一を決めましたね。今でも鮮明に覚えていますよ。

あれから四半世紀・・・日ハムが北海道を拠点にして三年目、長かったでしょうが、道民にしてみたら早かった日本シリーズ・・・今年は本当に北海道は野球が熱いですね!!

写真は【ヤクルト】のユニフォームですが、明日22日・日曜日帯広に岩村選手・小野選手・成本投手コーチが来ます。帯広小学校で午前十時〜正午まで野球少年団を対象とした野球教室を開催する様です。帯広ヤクルト販売が主催でして、当【年中野球】のキャッチャー坂本が勤務している関係で【NIKE岩村モデル】のグローブにサインをしてもらう予定です。

岩村選手は来期から大リーグでPLAYする様なので最後の奉公ってとこでしょうかね?あいにく私は『ベースボールスクール』があるので見学に行けませんが一般の方でも自由に入れる様です。
2006年10月20日


夕方【六花亭】さんに納品に行こうと裏道を走っていた所、目に入ってきた『Tシャツ姿』・・・思わず車をUターンさせ地元中学ソフト部の練習場へ・・・。


ベンチを見ると部長先生他、部員達も少し震えながらグラコンを着ているさなか、監督さん自らがバッティングピッチャーとなり、生徒相手に投げ込んでいます。それが『Tシャツ一枚』でして感動しました。十勝の今日は日中こそ日が照りましたが、夕方ともなると完璧に寒さモードですからね(@_@)


さすが「十勝一を目指している学校だな!」と思いました。ここ数年、春の大会は優勝したりするのですが、全道大会に繋がる夏や秋の大会は準優勝に甘んじる事が多かったので、やはり気合いの入り方に共鳴出来ますね。是非来年は十勝を制し全道大会に出場してもらいたいです。


あっ、それと部長先生からキャッチャーマスクの注文を頂きました。私の携帯片手にグランドに乱入したのが【熱血営業マン】に見えたのかもしれませんね(*^-^*)
2006年10月19日


写真は【とかちプラザ】の一階正面中央に位置する『アトリウム』と言う場所です。天井が吹き抜けで、とてもいい感じの空間です。来年の【ベースボールフェスティバル"07】の会場をここに決めてきました。


例年【帯広駅北側】の藤丸デパート八階催事場で開催していたのですが、2007年からは【帯広駅南側】の【とかちプラザ】にて開催する事にしました。結構場所代も高く、しかも予約時に会場費の支払いですから頑張らないとなりませんね。この場所は前職の時に初めて【野球用品】だけの催事を開催した思いでの場所です。


当時は【とかちプラザ】の様な100坪以上の会場で【野球用品】だけの単独催事は、北海道では厳しい!!まして雪の残る二月、三月では無理では!?と言うのが問屋・メーカー筋の話しでした。

しかし、『北海道だって野球に賭ける思いは一緒です!!』ってな感じで、強引に【ベースボールフェスティバル】を開催したのです。結果は成功でした。今から十年も前の話しですけどね。


それがきっかけとなり当【年中野球】として継承し、また十勝の競合店も追随して開催してるのが現状です。『発祥の地』に戻り気合い入れてきます!!
2006年10月18日
今日の十勝は陽気な天気です。今さっきまでSSKの担当と来年2007年モデルの数出し作業をしておりました。約五時間缶詰状態で照らし合わせたので疲れました(-_-;

最近疲れがたまってきてますね。【スポーツの秋】とは言いますが、扱い品目はスポーツなんですが、『目と口と頭』はスポーツしてるんですが、肝心の体はサッパリなんで・・・(x_x)
ちょっと体も動かさなきゃ駄目ですな!!
2006年10月17日

今日は朝から旭川に向かい、【旭川大学】の監督さんの所に伺いました。以前は【旭大高】の監督さんでして、ヤクルト乱橋投手や亡くなりましたが近鉄鈴木貴久選手を育てた名監督です。


旭川大学には十勝からも毎年の様に進学していまして、最近では白樺桜井君・季秋君、帯北伊藤君・小林君、大谷女ヶ沢君、帯工野呂君等がいます。そして当【年中野球】の「今」が旭大高時代にお世話になった恩師です。「今」の時代の平成五年の夏に甲子園に出ています。


今日初めてお会いしましたが、とても気さくで人情感溢れる監督さんでした。先日の円山球場で優勝して選抜当確を決めた【旭川南】も冬の間、旭川大学の室内練習場を借りて練習したそうです。


さて、これより十勝に戻る訳ですが、道中豪雨と雷で車のワイパー全開でした。暗くなる前に三国峠を越えたいです。








旭川を出て車で約30分、上川町にある【ラーメンよし乃】です。旭川出張の時は必ずよります。年内最後となるので、おもっきし【味噌大盛】にしました (*^-^*)
2006年10月16日

日曜日午前九時から【ベースボールスクール】が行われました。殆んど雲一つない【十勝晴れ】で生徒の動きも快適です。今月に入って各高校の体験入部に参加した影響もあってか非常に声も出ていて全体的に元気が良くて大分高校野球らしくなってきました。

今日から投手コーチに当【ワークボーイズ】の栗田が手伝ってくれています。彼は白樺学園のエースとして全道大会で函館有斗高校を破った実績のある好投手です。遠投も120m投げる怪椀でした。(今から20年も前の話しですけどね・笑)

さて、札幌の円山球場で行われている高校野球秋季全道大会の決勝は【旭川南】のエース浅沼投手の好投で【駒大岩見沢】を3ー1で下し、選抜甲子園初出場をほぼ手中にしましたね。準々決勝で【釧路江南】に4ー3で逆転してから勢いに乗り、準決勝では優勝候補筆頭の【室蘭支部・北海道栄】を3ー0で完璧に勝ち、勢いを加速して挑んだ決勝戦!遂に選抜初出場【当確】ですね。夏の甲子園は昭和39年に一度だけ出場経験があり、甲子園は実に42年ぶりとなりますね。当時のキャッチャーが現【旭川実業】の込山監督で、北・北海道の解説で有名な小早川さんが監督でした。また、【旭川南】の小池監督は【旭川龍谷】全盛時代のコーチとして、そして監督としても二年程従事した方です。

偶然にも昭和57年の選抜予選の全道の決勝戦が【旭川龍谷・小池監督】対【駒大岩見沢・佐々木監督】でした。その時【駒大岩見沢】が初優勝し、ヒグマ打線が産まれたのでした。翌年の夏昭和58年に小池監督率いる【旭川龍谷】が北・北海道大会を制し夏の甲子園を決めました。

正に因縁めいた今大会の決勝戦でありましたが、密かな優勝候補【旭川南】が初優勝で幕を閉じました。
2006年10月14日

本日札幌円山球場で行われた高校野球の秋季全道大会は準決勝二試合が行われました。

第一試合は【旭川南】の主将でエースのサウスポー浅沼投手の力投で3ー0と完璧に押さえ、優勝候補筆頭の【北海道栄】を下しました。第二試合は30回目の出場で来年から北・北海道に移行する【駒大岩見沢】が28回目の出場【小樽北照】を4ー2で下しました。

明日の決勝戦午後0時30分より円山球場で開催されます。【旭川南】が勝てば選抜初出場!夏の甲子園においても昭和39年に出場したのが最初で最後です。【駒大岩見沢】の方は、平成10年以来八度目の優勝となります。

いづれにせよ北・北海道同士が選抜予選の決勝で対戦するの私の記憶にないですね。ロースコアなら【旭川南】、打撃戦なら【駒大岩見沢】と予想します。


【低反発ボール動き好調!】

【OBINOH】とマークを入れて低反発ボールが納品になります。(写真2枚目)従来のボールの『核』と『縫い糸』の素材を変える事で反発力を弱めたのです。今年も数件ピッチャー返しによる事故があったそうで、ボールを低反発にする事によって事故防止に努めたい様です。

とはいっても、「飛距離的にはそれほど影響はない」とは【SSK】の見解です。「飛距離にして3〜4m変わるくらい!」と言ってました。なので長距離バッターには余り影響はないでしょう。逆に、野手の間を鋭いライナーやゴロで抜くバッティングを心がけている選手には少し驚異かもしれませんね。

あと、野手の送球がしっかり出来ないと変化したり失速する様なので、せめて塁間のキャッチボールが出来る様にこの冬しっかり頑張って欲しいです。


【目玉商品続々入荷!】
今日は玉澤やハイゴールド等から目玉品等が入荷してきています。(写真3枚目)バット(写真)も結構入荷しました。他にもグローブ等も届きました。しかし、忙しく飛び回ってるので少しづつ掲載していきます。
2006年10月13日

今日の十勝は青空は広がるものの寒さを感じますね。お客さんの中でも風邪ひきさんがいて『今年の風邪は長引くんだよ!』なんて病院で言われたそうです。そこで営業途中に近くの野球少年団【音更ビッグスターズ】を覗いてみると確に半分くらいの子供達はグラコンを着てました。店から北へ約一時間の【糠平】では今朝氷点下を記録した模様です。

それとは裏腹に熱い所もありますよね。そうです、札幌ドームです。昨日はしびれましたね!八木、斎藤の好投で緊迫したゲーム展開でしたね。最後はヒチョリの好走で見事なサヨナラ勝ちでしたが、斎藤が可愛そうでした。ホント素晴らしいピッチャーですよね。これでadidas野球用品も売れるといいんですけど・・・。

adidasもジャイアンツと提携したものの今期不調の為、ジャイアンツグッズ等が余って困ってる様です。グローブやスパイクは問屋をゼットだけにした為にこちらも手袋以外は全く駄目みたいですね。近々他の問屋とも取引して、もっと多くの小売店に並ぶみたいですけど、どうなんでしょうね?NIKEですら苦戦して高校野球の販促から手を引くと言うのに・・・。

野球は割りとブランド立ち上げは簡単なんですが、永続的にブランドを継続させていくのは結構しんどいんですよね。日本が一番野球ブランドが多いですからね。その割りに製造工場は少ないですから、結局『ラベルが違うだけ!』みたいな事は良くある話なんで、お客様には間違った認知をさせない様にこれからも、正直な対応をしていきたいと思います。

本日より「日本ハム優勝記念セール」を開催します!
それぞれ一点づつの商品が多いのでお早めにどうぞ。
2006年10月12日

今日の十勝は青空が広がり半袖でもOKです。高校野球秋季大会も再開されましたね。北・北海道同士の対決は【旭川南】が【釧路江南】を4ー3の接戦で破り、準決勝進出を決めました。

【旭川南】は今年の夏の北・北海道大会にも出場しました。その時のバッテリーと三遊間、センターが二年生で、今大会も主軸としてチームを支えています。左のエース・キャプテン浅沼君は181cmの好投手で練習試合では【北海】にも勝っている実力校です。また旭川支部予選でも決勝で【旭川実業】を延長十一回4ー2で下し、実力は折り紙つきです。

ちょっと気は早いですが、来年の夏は熱くなりそうですね。南空知の【駒大岩見沢】も北に来ますし、全道常連の【白樺学園】【釧路江南】【遠軽】等、全く目がはなせませんね。

北海道の場合、土の上での練習もあと一ヶ月くらいとなったので、一日一日、一球一球を大切にして欲しいです。昔は『一球入魂』と言いましたが、今は『全球入魂』と言うそうです。まさにその通り!!頑張れ高校球児!頑張れファイターズ!!早く帰って応援します(*^-^*)

勿論、『ファイターズ優勝セールやります!!』
2006年10月11日

今日の十勝は雷雨を伴う天気となり荒れ模様です。高校野球の秋季全道大会も明日に順延となりました。

ベスト8が出揃いましたが、北・北海道が【釧路江南】と【旭川南】の二チーム、残り六チームは南・北海道です。やはり、まだまだ南の方が総体的に強いですね。これは地域的に中学生のシニアの普及に関係がありますね。南・北海道は札幌市を中心とした都市型風潮で中体連加盟の軟式よりも、シニアで野球をする傾向が高いです。

札幌のあるシニアチームは部員数100名を越える所もあるはずです。逆に北・北海道は旭川と帯広は割りと古くからシニアはあったのですが、釧路・北見等は最近ようやく立ち上がった状況です。その差は大きいと思います。

逆に中体連の軟式野球での全道大会では、北・北海道の中学の方が強いのです。今年は網走支部の清里中学、そして十勝からも最近では帯広西陵中、音更下音更中と全道優勝しています。やはり、田舎は友達との絆が深いので、シニアより中体連を選択してるのが現状の様です。

さて、明日から再開される高校野球ですが、勝っても負けても来年に繋がるバロメーターなので、持てる力を十分に発揮して下さい。
2006年10月10日
昨日から甲子園選抜に繋がる秋季全道大会が始まりました。十勝支部代表・10年ぶり12回目の出場【帯広北】は円山球場にて開幕ゲームに出場。スタメンが一年生七名の若いチームです。この春から【関コーチ】が指導に携わり、めきめき上達しているチームです。

相手は南空知代表・19年連続30回目の出場【駒大岩見沢】です。いわゆる【岩駒】の名で、【ヒグマ打線】の異名を持ち、選抜七回出場の強豪です。

試合は初回、二回と一点づつを岩駒が取り帯北は劣勢。エース上野君や外野手も緊張からか動きがぎこちない様子。しかし、帯北は三回裏に一年生が活躍!しかもベースボールスクール卒業生が頑張りました。

まず、ショート水野君が得意のライトへの流し打ちでヒット、キャッチャー田中君が送り、サード稲富君がライト前ヒットで一死一、三塁のチャンス!!打順は一番レフト岩崎君、初球にスクイズを決め一年生で一点を返し追い上げムード。しかし、終盤にヒグマ打線が炸裂し、12安打を打たれ1ー6で敗れました。

だけど、価値ある負けだと思いました。良くここまで頑張ったと思います。内野手も丁寧にゴロをさばき失策無しは誉めて上げたいです。

試合後に選手の出迎えを待つ父兄と挨拶を交しましたが、皆さん『良く頑張った!』と笑みも多く、これこそ来年に繋がる敗戦と感じました。さて、今日ハタケヤマから田中君のオーダーミットが届いていました。このミットが来年は【旭川スタルヒン球場】で吠えまくる事を祈っております。


十勝支部代表のもう一校は甲子園帰りの【白樺学園】です。十勝の中では新チームのスタートが一番遅かったですが、豊富な練習量と紅白戦で調整を進め、十勝支部予選を【江陵】【帯農】【緑陽】の実力校に全て二桁得点で勝ち【強打の白樺】は健在でした。

今大会は『本命なき戦い』と言われる中【白樺学園】も優勝候補の一角に名前が上がっていました。

試合は序盤から【函館中部】が小刻に得点を進め【白樺学園】が追う展開。初回に一点、二回に二点を先取されエース杉本君から宮浦君へ交代。白樺は二回一点、四回に一点を入れ点差を一点差まで詰め寄るが四裏に一点を献上。五表に一点を返し五回を終って3ー4と一点差のまま終盤へ。七裏に一点を奪われ、八裏から宮崎君に交代。

しかし、ポテンヒット等、不運が続き二点を献上し3ー7で最終回。この回先頭の中村君が死球で出ると九番門野君がライト前ヒットで続き、ライトがもたつく間に二、三塁となり、一番森崎君がセンター前ヒットで一点返す。更に二番林君が右中間スリーベースで二人返り一点差に詰め寄る。三番増野君がツースリーよりボール球に手を出し三振。

しかし、四番杉本君・五番川瀬君が連続死球で一死満塁と一挙に逆転ムード。六番望月君がストレートでワンストライクを取られた二球目のカーブに手を出しセカンドゴロ。4ー6ー3と渡りゲームセット!6ー7で惜敗し昨年同様一点差負けを喫した。

しかし、【白樺学園】は三年生がスタンドから応援する等チームワークは絶品!試合後の出迎えでも甲子園時のエース中川君が『俺達もこの敗戦から這上がってきた!お前達も一冬越えて夏頑張れ!』と声をかけた。

選手の目には【悔し涙】涙が溢れていたが、来年の夏には【嬉し涙】になっている事を祈りたい。
2006年10月07日

今日の十勝は一日中雨です。日勝峠は雪が降り交通止めになったと情報が入りました。明後日九日から札幌円山球場と麻生球場にて甲子園選抜に繋がる道大会が開始なので天候が心配です。

当【年中野球】のサポートしているチームは今回三チームありまして、全て初日に登場します。【帯広北】が駒大岩見沢と円山にて午前八時から。【白樺学園】が函館中部と麻生にて午前十時半から。【釧路江南】が札幌新川と円山にて午後一時からです。試合開始が八時からなので、当日三時過ぎに出発するか、前日の夜に札幌に入るかは天候次第ですね。

さて、写真は【NIKE】の秋のNewモデルのグローブの一部ですが、週開けから『秋のnewモデルフエア』を掲載していきます。第一弾として【NIKE】からスタートです。その後【アンダーアーマー】等も予定しています。また、先日の展示会や表敬訪問にて【玉澤】【ハイゴールド】【ウイルソン】【フランクリン】等にも協力依頼してきたのでリストが出てから掲載していく予定です。

そういえば『松本 匡』さんのサイン会や野球教室の件で、連絡が入ったんですが、今年楽天の契約が終ったんですが、来期に向けて、どこかのコーチとかテレビ局の解説者等の話もある様で、野球教室の日程を決めてくれれば、それを優先してこちらに来てくれるそうです。なので日程調整している所です。

是非『青い稲妻』のテーマソングに乗せて会場入りしてもらいたい気持はあるのですが・・・。
2006年10月06日

今日の十勝は曇り空です。『一雨毎に寒くなる!』ってのが身にしみてわかる季節となりました。

昨日展示会で耳より情報を入手しました。【全中連】つまり、全国中体連軟式野球において、来年2007年の全国大会よりバットの【二層構造】以上のものは使用禁止となった様です。

『ビヨンド・ナイスハンター・ディマリニ』等、従来の金属バットにウレタンや異素材のものを加えられたバットは一切駄目になるそうです。但し、地方大会においては北海道を始め各県の判断で、三年以内の猶予期間があるそうです。父兄から「バットの価格が高すぎる!」「義務教育の部活動でそこまで必要ない!」みたいな苦情が色々とあった様です。確に二層構造以上のものは、二万五千円とか高額になり、硬式バット二万二千円より高いのは事実ですからね。

しかし、価格が問題なら『メーカーの企業努力でコストダウンすればいいのでは?』とか、『定価○○円未満のバットを使用する事。』等と定義を決めればいいのに!と思ったりもします。

元をたどせば、ルール上『バットに異物をつけてならない!』とあるのですが、ビヨンドが認められてから各メーカーが追随しましたからね。『あれが異物でないなら何が異物なの?』って思いましたけどね。まあ、法律だって日進月歩してる訳だから、野球のルールだってそうあっていいとは思いますがね。

しかし、肝心なのは道具にばっかりたよらないで、まず体力や基本的習慣を身に付ける事を子供達に求めたいですね。まずは、それが大切と思います。

2006年10月05日

 大手スポーツ問屋【イモト】さんに二年振りの表敬訪問をしてきました。【フランリン】【ウイルソン】【ディマリニ】等の2007年モデルを見てきました。

写真のバットは軟式用で、その名は【K-POINT】、いわゆる『K点越え』のバットだそうです。現在の『飛びすぎ注意!』と同様、飛距離にこだわっている様です。写真でもわかる様に【三層構造】になっていますが、84cm/720g・85cm/750gで軽量化にも成功しました。バットの一番太い部分がビヨンドMAXで言う【ウレタン】ですが、ウレタン部を長くした為に、多少根元でとらえても、しっかり飛んでくれる形状です。二層目の黒い部分がカーボンなので、シナリもあり、とことん飛びにこだわっています。また、ウレタン部の表面を特殊シートを巻く事により、従来のビヨンドよりも打感があって感触を楽しめそうです。                         

グローブにおいては、【ウイルソン硬式】のプロモデルです。これは全国でも店を限定す希少価値の高いものになりそうです。表面はキップレザー革で手の平がソフトレザーの為、フィット感としっとり感があり「これはいいグローブだ!!」と思わず口から出てしまいました。ラベルはグローブと同色刺繍です。【目立たずして目立つ】って感じですかね(*^-^*)  

さて、これより羽田です。すっかり雨模様ですが、急いで移動します。ラベルはグローブと同色刺繍です。【目立たずして目立つ】って感じですかね(*^-^*)   さて、これより羽田です。すっかり雨模様ですが、急いで移動します。

«前のページ 1 ... | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | ... 180 次のページ»