ホーム☆店主日記☆
☆店主日記☆
☆店主日記☆:3484
«前のページ 1 ... | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | ... 175 次のページ»
2006年08月03日

今朝五時より行われた『連盟旗争奪あさ野球大会』の準決勝は【年中野球】が【牧野燃料】を3ー1で下し決勝進出を決めた!

【年中野球】は左の前野が前半から快調に飛ばし二安一点打に押さえる好投!!打線は三回表二死より桜庭が相手サードエラーで出塁、関がライト前ヒット、幸田が振り逃げで満塁とし、五番の左の横山が右中間に走者一層のツーベースにて一挙三点。今日の前野の出来からすると、この回で勝負あり!!

明日は休養日で明後日が決勝戦となり相手は【六花亭ドジャース】と対戦する。唯一優勝がないのがこの大会なので頑張って欲しい!!

【白樺野球部情報】

選手達は紅白戦を行ってます。大阪の今日の最高気温は35度。熱中症に気をつけてほしいです。

2006年08月02日
★7/31(月)〜8/1(火)

白樺第一陣は、31日朝8時に学校を出発し、札幌の道庁や主催者の【朝日新聞社】に挨拶回りをして、夕方千歳発にて大阪伊丹空港に移動。
夜9時頃『ホテルくれべ空港』に到着。夕食を取り就寝。

1日は朝早く起床し付近を散歩。10時過ぎには甲子園入り。公開練習の3番目として一塁側ベンチを元気良く飛び出し、先発隊30人と監督・部長が手際良く散らばりノック、打撃、ラスト10分は中川・大竹口がマウンドの感触を確かめ「非常に投げやすい!」とやや興奮気味。12時になり球場を後にして練習開場へ移動。
選手は「思ったより暑くない!!」と、皆笑顔で活気がある。憧れの聖地に足を踏み入れて少し興奮気味。

練習後はミーティングや道具の点検等で時を過ごす。レワードより電話が入る。2日に試合用の帽子・ユニフォーム・アンダーシャツ等の納品が決定!!いよいよ晴れの舞台のカウントダウン。。。

一方、残った17名は去年のキャプテン大塚を先頭に新人戦に向けて練習。夕方五時過ぎまで、たっぷりと汗をかいた。応援用のメガホン・キャップが東京のメーカーより発送される。 2日は9時から練習開始。

★8/2(水)

朝9時〜11時まで、伊丹スポーツセンターにて練習です。そのあと真新しいユニフォームが納品となります。昨晩ユニフォームメーカー『レワード』が甲子園用に新調した試合用帽子・ユニフォーム等をワゴン車に積んで静岡県浜松市を出発!今日の練習後に手渡されます。

10時半現在気温は30度くらい。
白樺学園の矢野主将は昨日の公開練習前に嘔吐して午後からの練習を休養しました。病院で診察しましたが異常はありませんでした。
やはり、7月22日に優勝を決めてから、挨拶回りから主将としての挨拶等、相当疲れがたまっているのでしょう。

しかし、開幕まであと5日ありますし、昨日のテレビ『甲子園への道』でも放映された様に【ミルクパワー】で頑張って欲しいです。

【AM11:30】
練習後、ジュースを買ってる光景です。選手はこの後ホテルに帰って食事です。(写真2)

【PM1:30】
選手は12時半からの食事も終わり、新しいユニフォーム等納品しました。(写真3)

-----------------------------------------------------------
さて、本日も気合い入って練習している様です。
真新しくなったのはユニフォーム関係だけでなくて、監督・部長・コーチのノックバットも『ハイゴールドのポリカボネイト』に新調されました。

部長が地区予選の前から使ってくれて「今までの中で一番バランスと弾きがいいね!」と感動してくれたノックバットを監督も甲子園から使用!本日ハイゴールドの担当者が神奈川から練習場に納品に来てくれました。。。
2006年07月31日

31日・午前八時より学校正面玄関前にて出発式を行い、バスにて札幌へ向け出発した。

午後一時半に南北海道代表の駒大苫小牧高校と共に道庁に挨拶をして、夕方千歳より飛行機にて大阪入り。明日から始まる甲子園での公開練習の3番目・11時半より白樺学園の先発隊30名の選手達は高校球児の聖地に立つ。 

只今の気温20℃、大阪は35℃との予報。まずは暑さに慣れる事です。頑張れ白樺学園!

2006年07月29日

現在羽田で乗り継ぎ待ちです。外は雨がひどいですね!

店に連絡を取った所、『白樺学園』に無事先発隊(31日出発32名)のポロシャツ・ハーフパンツ・アップシューズが納品になった様です。試合用ユニフォーム関係は宿舎に納品です。

少しづつ、甲子園が近付いています。
2006年07月29日


いよいよ大阪最後の朝です。
既に『セミの声』が暑さに輪をかけてます。

久保田に向かいます。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
只今久保田にて、技術講習。
2006年07月28日

今、アンダーアーマーの展示会を終え、一度ホテルに戻り、六花亭のお菓子を持って【久保田運道具店】に向かいます。











大阪はうだる暑さです。黙っているだけで汗が滴の如く流れてとまりません。
2006年07月27日

今朝は『年中野球』が『しんくみ』さん相手に打線が爆発!!
15対0で完封勝ちでした。関主将・金・桜庭がホームランを打ちました!!【ナイスハンター】の宮崎は二打数二安打の大暴れ!投げては杉本→優人のノーヒットリレーでした。次は明後日フクハラBさん対戦です。

さて、私はこれから大阪に向かい飛び立ちます。来年春の『アンダーアーマー』の展示会及び『久保田』の技術講習です。土曜日夜帰社するまで【白樺学園】は杉田に引き継いでいきます。
2006年07月26日
土曜日に甲子園初出場を決めて、日曜日の正午に学校に帰って来て凱旋!三時から帯広駅前にての優勝報告前に新ユニフォーム等のサイズ取りを完了。

そのあと各メーカーと打ち合わせ及び集計作業。午前二時に帰宅。

月曜日は選手久しぶりのオフ。夜七時より同窓生・野球部OB・PTA・父兄会が集まり第一回役員会。店に戻り各メーカーへの協力依頼。午前二時帰宅。

火曜日は朝九時よりベンチ入り選手のバット品定めにおける試打会。夕方部長と衣類の最終打ち合わせ。夜八時より当スタッフ杉田と打ち合わせ。杉田を七月三十一日〜八月八日まで選手のサポートとして派遣する事を決定。私は残り、1〜2年生の部員のフォローと父兄及び応援団のTシャツ・帽子・メガホン等の原案作りをして八月三日抽選後に大阪入りを決定。火曜日十時帰宅。

本日水曜日午前四時起床、日々出来なかった業務をこなす。昼にグランド入り、選手の道具のケア、要望を聞く。夕方帰社し、北海道新聞の取材を受ける。『十勝ベースボールスクール』出身者中村・諸橋・川瀬がベンチ入りした事について。

これより父兄と応援関係の打ち合わせです。
2006年07月25日
本日は、オンラインショップ担当佐藤が日記を書かせて頂きます。

白樺学園が甲子園出場を決めてからというもの社長は大忙し。
毎日朝早くから夜遅くまでお仕事頑張っているようです。

甲子園に行くまでは多忙な日々が続くと思われますので、お問い合わせ等の返事がいつもよりも遅れてしまうこともあると思います。出来る限り早めの返答を心がけておりますので何卒宜しくお願い致します。

白樺高校ナインも何かと忙しそうですが、北・北海道大会の疲れをしっかりとって甲子園に備えて欲しいですね^^
2006年07月22日

この決勝戦が今大会、一番白樺学園らしい試合でした!

今日までの年月は長いものがありましたが全て吹き飛びました。監督さん、部長さん、選手の皆さん、父兄の皆さん、OBの皆さん、全てに『おめでとうございます!』そして感動を『ありがとうございます。』と言いたいです。

・・・・旭川スタルヒン球場にて。


【写真】白樺学園 優勝報告
2006年07月22日

【7月22日AM11:30】



アップを終え球場入り!いよいよ90分後にプレイボール!!





【PM12:15 試合開始45分前!】



キャッチボールを始める白樺学園の選手達!
2006年07月21日
高校野球北・北海道大会準決勝で劇的に勝利した【白樺学園】は八回終って1ー4と劣性!去年まで三年連続ベスト4の壁を破る事が出来なかった。

三年前が滝川西に2ー4、一昨年が旭川北に1ー4、去年が旭川工業に0ー4と破れていたので、八回終了した時点では、今年もか!と皆が諦めていた最終回にドラマが起きましたね。

四番温根湯中学から越境してきた大竹口君がヒットで出ると、五番は一年夏からマウンドを任された中川君が死球で続き、奇跡が起こり始め、遂には代打の去年夏はサードのレギュラーだった及川君が意地の同点打を放ちましたね。

しかし、釧路江南のサウスポー武山君も135K台の速球を右バッターのインコースにびしばし決める素晴らしい投手でした。最後は球数も増え、また気温も上昇し釧路の選手においては大変な熱さの中、物凄くキビキビしたプレイで好感が持てました。

最後は、今までの執念が勝負を決した様にも見えました。今から40年前の決勝戦で、白樺は江南に1ー2で惜敗した事があります。そんな先輩達、そして去年までのベスト4で涙した兄貴達が奇跡を起こしてくれたのでは?

両チームに大きな拍手を送ります。
2006年07月21日
【準決勝第二試合途中経過】
優勝候補筆頭の旭川実業は初回と三回に一点づつを入れ2ー0とリードした六回裏に遠軽はヒットを重ね2ー2の同点となる。七回裏遠軽は怒涛の攻撃を見せ、140K級の北川君と天野君を攻め、一挙四点を取り、遠軽6ー2とリードを広げて終盤へ!!

【旭川実業ピンチ!】
八回表旭川実業は一死二、三塁のチャンスに凡退し、苦しいまま最終回の攻撃を迎えた。

【最終回】
旭川実業は最終回打順良く一番から!一番死球のあと、二番が三塁線ヒット、三番がセカンドゴロで二塁フォースアウトのみで一死一、三塁。四番の初球に二盗で一死二、三塁。そしてショートゴロを打ち、ランナー一人帰るも二死三塁。五番のショートゴロがエラーを誘い二点目。六番左打者初球に死球を与え、二死一、二塁と流れは旭実へ!七番が三振にてゲームセット!!
2006年07月21日
【釧路江南先制!】
白樺は一表二死より連続ヒット死球で得た二死満塁のチャンスに六番水澤君が右へ鋭いライナーを打つも釧路江南のファースト村山君がダイビングキャッチのファインプレー!!
逆に釧路江南は二回裏、一死一、三塁よりエンドランが一、二塁間に決まり先制!尚も九番左の菊地君がライトオーバーのツーベースで一挙三点を挙げる。

【白樺1点返す!】
白樺は四回表、釧路江南の好投手『武山伍織』君を打ちあぐんでいたが、二死より六番水澤君がサード強襲ヒットで一挙二塁へ!七番左対策に起用された、右の長部君がサードゴロ、それをサードが暴投し水澤君が生還し、白樺は一点を返す。四回裏は白樺学園エース中川君が立ち直り三者凡退に抑え中盤の五回へ!

【5回を終了】
3ー1の釧路江南リードで中盤を迎え、ヒット数は釧路江南4本に対し、白樺学園は5本です。旭川スタルヒン球場の上空は青空で、かなり気温が上がっています。

【白樺チャンス潰す!】
グランド整地を終えた六回表白樺は一死一、二塁より、今日当たりの出ている六番水澤君が、痛烈なピッチャー返しを見せるが釧路江南のセカンド菊地君が好プレイ!4ー6ー3と渡り、ダブルプレイにて白樺はチャンスを潰した。そして六回裏から白樺のマウンドには二枚看板の『トルネード大竹口君』がマウンドに!!

【釧路江南追加点!】
六回裏白樺抑えのエース大竹口君は簡単にワンアウトを取った直後、釧路江南の四番藤原君がセーターオーバーのツーベース、五番武山君がセンター右にタイムリーを放ち、一点追加!続く六番、七番にも連続ヒットが出るも白樺の好守備と江南の走塁ミスでこの回一点止まり。

【白樺 代打の切り札】
七回表白樺学園は七番長部君に変えて代打の切札『二年・川瀬君』が登場!川瀬君は十勝地区予選で二度の代打で二度ともヒット、そして今大会でも代打で出場しヒットを打っている将来の四番候補!しかし、サードゴロに終り後続も打ち取られる、七裏釧路江南も三者凡退で、いよいよ回は終盤へ!

【白樺同点!!】
九回表二死より連続ヒットで白樺同点に追い付く!

【白樺中川くん、再びマウンドへ!】
九回表同点に追い付いた白樺学園はエース中川君を再びマウンドに上げ、2三振を奪い延長戦へ突入!

【白樺クリーンアップ】
延長戦十回表白樺は三番中村君・四番大竹口君・五番中川君のクリーンアップが打ち取られる。

【白樺ピンチ!!】
江南十回裏一死のあと、一番上田君が死球、二番左の田中君が投手と一塁守の間に転がるプッシュバントを決め一死、一・二塁より三番工藤君はツースリーよりの六球目に江南はエンドラン!打者は三振になるもランナーが進み二死二・三塁で四番の藤原君を迎えた!

【白樺絶体絶命か?!】
一塁が空いているが、あえて敬遠をせず、勝負に出た白樺学園中川君はツーツーと追い込みカーブで三振に取り大ピンチをしのぐ!!

【劇的!!】
白樺十一回表、先頭打者水澤君は初球投ゴロにて一死、七番一条君がこれも初球をサード強襲ヒット、八番森君が送り二死二塁にて、先程代打で同点打を打った左の及川君!及川君は去年のこの大会はサードのレギュラーとして旭川スタルヒン球場に立っていた男です!そしてワンツーより少し前進守備のはるか頭を越えるスリーベースヒットで、この試合初めて白樺学園が5ー4とリード!

【釧路江南 武山くん降板】
勝ち越しを許し、釧路江南はマウンドを背番号11番・左の佐藤君に譲るがストライクが入らず一死一、三塁、そして一塁への牽制球が低くファーストが後逸する間に更に一点、ランナーは一挙三塁へ、そして二番矢野君も四球を選び、三番中村君がレフトフライにて、スリーアウト、遂に白樺6ー4リードのまま、十一回裏を迎える。

【大接戦!】
十一回裏釧路江南の先頭打者は投手としてチームを支えた五番左の武山君がライト前ヒット、六番左の大畑君もライト前ヒットで無死一、二塁となり白樺学園は再びマウンドに大竹口を送り込む!

【白樺 逆転勝ち!!】
釧路江南は代打に北川君を送り、ベンチは送りバントの指示を出すが、二球失敗のあと三振にて一死一、二塁へ。八番伊勢君はセンターフライで二死、九番左の菊地君はセカンドゴロにてゲームセット!白樺学園は劇的な逆転で決勝進出を決めた!
2006年07月21日

いよいよ北・北海道大会も大詰めです。残るは四チーム【釧根地区・釧路江南】【北見地区・遠軽】【旭川地区・旭川実業】【帯広地区・白樺学園】の前評判通りの『ベスト4』となりました。

第一試合は十時半から【白樺学園】対【釧路江南】共に、去年の秋・今年の春と全道大会に出場した強豪校同士の戦いとなります。

第二試合は午後一時より【旭川実業】対【遠軽】です。旭川実業は今年の春の選抜帰りで、春の全道大会でも駒大苫小牧高校に破れはしたものの、堂々の準優勝でした。

一方、遠軽高校は、去年のこの大会の準優勝校で、練習の七割がバッティングという、打撃が売りのチームです。

さあ、今日はどんなドラマが待ち受けているのか楽しみに『旭川スタルヒン球場に向かいます。』
2006年07月18日
7月18日(火)

【AM10:00】大急ぎ!

高校野球北・北海道大会準々決勝の十勝対決【白樺学園】対【帯広工業】の試合は今日行われる事になった為、今、旭川に向けて走っています。

昨日の午後二時開始予定が雨の為、今日の午前十時半開始に順延となったのですが、今日もあいにくの雨模様の様で、帯広と旭川の中間地点で待機してましたが九時に試合決行!と決まり、急いで球場に向かっている所です。

なんせ旭川まで約200K、三時間かかるので気合いを入れて走ってます。本日三度目の旭川入りです!


【AM11:20】到着・・・

旭川地区の天気予報では雨だったのですが、球場は青空が広がっています。おそらく高校球児の熱い気持がそうさせたのでしょう。

【PM13:30】
十勝勢同士の戦いは、前半は、やや帯広工業優位に進んだが、春の十勝地区予選の決勝で帯広工業を延長戦で制した白樺学園が5ー3で辛勝した。

【PM4:30】
八回表まで2ー4で旭川北高校にリードを許していたが、八回裏に一挙三点を上げて5ー4で【釧路江南】が劇的な勝利を納めた。これで二十一日の準決勝第一試合は【白樺学園】と【釧路江南】の対戦となった。
2006年07月17日

選抜甲子園帰りで、春の全道大会で準優勝し、決勝で駒大苫小牧と接戦を演じ、今大会の優勝候補筆頭『旭川実業高校』と対戦した『帯広三条高校』の試合は、5ー2で旭川実業が勝った。

お互いにエースが踏ん張り我慢比べとなる展開だったが、三条が自慢の守備にエラーが出て、ことごとく失点に絡み、0ー5で最終回へ!ここから持ち前の粘りを三条は見せて二点を入れ尚も、無死一、三塁と攻めるも、旭川実業も140kの抑えのエース北山もマウンドへ!

結局後続を打ち取りゲームセット!ヒット数は三条が上回るが失策3が結局敗因となった。


尚、本日17日の第三試合は雨の為18日午前十時半よりに延期になった。
2006年07月15日


北・北海道大会は今日開幕。『帯広工業』が『旭川南』に7ー0の八回コールドにて大勝した。




第二試合は正午プレイボール!『白樺学園』が一回表に一点を先制した。




白樺は三回表に十勝地区予選10割の六番水澤がレフトスタンドに飛込むツーランホームラン等で一挙5点を追加!

しかし、その裏、白樺のエース中川が相手四番にツーランホームランを浴びて降板。白樺は、大竹口がマウンドに上がり七回までヒット一本に押さえ、依然6ー2のまま終盤へ!




白樺は八回表に三点を入れて9ー2のコールド勝ちをおさめた。

尚、写真一番下は試合終了後に上がりのキャッチボールを終えベンチに入る、白樺のピッチャー中川と大竹口。




第三試合は釧路江南が8ー1にて北見北斗に勝つ。
2006年07月14日

いよいよ今日が最終日となった『文部大臣杯あさ野球大会』の三位決定戦は【牧野燃料】さんに負けて四位となりました。

優勝したのは『高松宮賜杯』で全道制覇した【旭山倶楽部】さんでした。長い大会日程だったのも束の間、明日から次の大会『連盟旗』が始まります。
2006年07月13日

いや〜今日の十勝は暑くなりましたよ!一挙に33℃だから、体調管理が緩くないです。今朝も『あさ野球』応援に行ってきました。五時プレイボールの頃から既に暑くなる気配はありました。

さて、試合の方ですが、【旭山倶楽部】さんに1ー3で惜敗しました。試合内容は両チーム共ピッチャーが頑張り中盤までは『0行進!』四回裏の先制点は【年中野球】があげたのですが、五回表に3点とられ逆転され、その後も反撃に出たのですが、『あと一本』が出ないまま六回時間切れとなり、決勝進出はなりませんでした。

【写真左上】「旭山倶楽部」 先発左の小村選手。【写真中央・左下】「年中野球」 先発左の前野選手。

【写真右上】「年中野球」 4番左の幸田選手。【写真右下】「年中野球」 打者佐々木選手。

]

【REWARD 来社!!】

今日は午前中に(株)レワードの担当が来社しました。昨日は帯広店山本と釧路・網走等を回り、今日は昼から木野店杉田と帯広を回っています。

レワードは今月決算との事で、北海道地区の売り上げNo.1には当(有)HS-WORLDが輝く様です。なまら嬉しいです(*^-^*)

これから北海道は夏を迎えようとしているのに既に来期の企画の話が出てきました。高校野球の練習用白帽の主流はニットからメッシュに完全に移項していく様です。形は横浜高校試合用(レワード使用)を意識してツバ長・ひさし高くで高校生受けするデザインです。

また、練習着においては価格破壊が各地域でおきていて、特に大型店が打ち出す『スポルディング』は上下3980円が売れたそうです。しかし、単なる練習着で膝当ても何もないのですが【レワード】のは両膝パット付きで色もスーパーホワイトで品質的にもデザイン的にも二重丸です。勿論価格は3900円でいけます。

結局、野球を知らないお母さんとかは、「安い!」という理由で購入してるのですが、実は我々の様な専門店も価格は勿論、品物も良質のものを提供してる事をもっとアピールしないと駄目ですね・・・反省(-_-;

«前のページ 1 ... | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | ... 175 次のページ»